キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

弁護士事務所から内容証明が届きました【後編】

スポンサーリンク

最近「なぜ人は喧嘩をするのか」についてつらつらと思いを巡らせています。

関連記事>>>弁護士事務所から内容証明が届きました【前編】

「どちらも『自分が正義』だと信じているから」かなと思い至りました。

正義というのは実はあやふやで、時代や周りの状況によって変化します。

「これが絶対正義!」というのがないから、人はしょっちゅう意見の対立が起こるし、喧嘩が絶えない。


私は「正義」か「悪」か。トラブルの原因。

私は私の信念を持って高額個別コンサルの内情を記事にしてきました。

全て実際にあった出来事でした。

それは「今後、トラブルに合う人が減るように」「返金請求という選択肢もあるということを多くの人に知ってもらいたい」という私なりの正義感が働いた結果でした。

でも、この行動はコンサルタント側から見たら「悪」なのです。

特別に返金に応じたのにも関わらず、「詐欺」などと虚偽の内容をブログに書いて、コンサルタントの業務を妨害し、コンサルタントはいわれのない返金請求を受けている...という風に映っているのです。


関連記事>>>弁護士事務所からの内容証明の通知文


ネットの怖さを知っている、私なりの「配慮」をしたブログ運営

私はネットの怖さを知っています。

あっという間に個人が特定され、全然関係ないはずの立場の人からも執拗な嫌がらせが起こります。

時には直接関係のない周囲の人にまで攻撃が起こることもあります。

暴露ブログを書いているのに矛盾しているかもしれないけれど、そうなることは私の本意ではありませんでした。

だから「このブログに出てくる人って◯◯さんですか?」と問い合わせがくればイニシャルを変えたり、文章の表現を変えたりして特定されないように気をつけていたつもりです。


弁護士からの内容証明の中身

「あなたは名誉毀損をしている」
(事実を書いても社会的評価を下げたら名誉毀損にあたります)

「ブログなどで業務を妨害している」

「ブログを削除しないと返金した金額を支払ってもらう。業務妨害ででた損失を支払ってもらう」


悲しかったしいろいろと思うところはありましたが、今まで書いたコンサルタントとの出来事は全て非表示にすることにしました。



最低限の主張「私は返金を煽っていない」

どちらも自分が正しいと思っているのだから、ずっと自分の主張ばかりしていたら一向に解決しません。

なにより私は疲れました。

なので「コンサルタントとのやりとりを記したブログ記事は非表示にする」と、相手の希望をまずは叶えました。

ただ、送られてきた通知文、担当弁護士とのやりとりで、「私が他のコンサル生に返金を煽った」という認識でいる...というのが伝わってきました。

これだけは「違う」というのを証明しなくてはいけないと頭ではわかっているのだけど、体が動かない状況です。

実は今までの出来事を書いた記事も公開し続けられるようにいろいろとあがいていたのだけど、どうも難しそうなのでこれを送って終わりにしたい。


最後に

一緒に怒ってくれたり、ブログを削除されないためにこうしてはどうか?とアドバイスをくださった方々、本当にありがとうございました。

私の体験談はもう世に出ることはないでしょうが、読んでくださった方々のおかげで少し、気がラクになったかなと思います。




関連記事>>>ブログトラブル「ある日突然弁護士事務所からブログ削除を求める内容証明が送られてきました」まとめ



しおから

✉️しおからへのお問い合わせはこちら
📘このブログの目次はこちら

はじめての方へ
🖥このブログをはじめた経緯と一部記事を非公開にした理由