キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

さくらももこさんとブログ

スポンサーリンク

昨夜はTwitterでさくらももこさんの訃報を知りました。

 

 

一瞬、意味がわかりませんでした。

「なんでこの中にちびまるこちゃんが入ってるの??」

と。

もしかして・・・とニュースをみると、さくら先生の訃報。

まだ53才だったのですね。

 

 

初めて読んだエッセイ本は「もものかんづめ」

それまで漫画ばかり読んでいましたが、はじめて手に取ったエッセイ本が「もものかんづめ」でした。

中学生だったと思います。

「文字だけでこんなにも爆笑できるのか」という、新しい発見をくれたのがさくら先生でした。

当時、なかなか辛い家庭環境にあって悲しい思いをしていたのですが、「もものかんづめ」を読んでいる間は嫌なことを忘れられる、心の薬のような存在でした。

それで、文字を書くのも楽しそうだとちょこちょこと日記を書いていましたね。

 

 

文字にする楽しさを知っていたからブログが書けた

楽しいことも、辛いことも、日記帳に書いていました。

誰かに見せるものではないけれど、自分の気持を整理するのにおおいに役立つ「スキル」でした。

だから、マダムユキさんに「コンサルタントとの出来事をブログに書いてみてはどうでしょう」と言われたとき、わりとすんなりやってみようと思ったのだと思います。

忙しくてここ数年は日記を書くことから離れていたので、はじめはなかなか書き進められなかったのですが、毎日のように書いているうちにだんだんと感覚が戻ってきたように思います。

 

 

「ありがとうございます」がガソリンになっている

こちらの記事を書くきっかけとなったメッセージをくださった方に、報告しました。

www.siokara.work

お返事下さりありがとうございます。

ご存知でしたか。

さっそく取り上げて下さってありがとうございます!

徐々にメッキが剥がれて信者が離れていき、今5ちゃんねるで盛り上がってます。

でもターゲット層を変えて信者を捕まえていて、全く懲りていないようです。

私も昔、騙されかけたことがあり、被害に合う前に気づく人が増えればと思いメッセージした次第です。

いきなりの図々しいお願いを聞いて下さって本当にありがとうございました。

藤本さきこのように、教祖化してるので、信者に気づいてもらうのは難しいかもしれないですが、彼女たちの勢力が少しでも弱まることを願うばかりです。

 

www.siokara.work

 

文章を書く楽しさを教えてくれたさくらももこ先生

今年の2月からブログ運営をはじめました。

今でも迷いながら、悩みながら書いています。

でもこうしてメッセージをいただけたり、「返金請求しました」とか「目が覚めました」とかご連絡いただけると、うまく書けなくても続けることに意味があるのかな、なんて思います。

 

でもこうして続けられるのは、元をたどれば文章を書くおもしろさを教えてくれた人がいたからこそで、私の中でそれをずっと遡っていった先がさくらももこ先生でした。

 

辛い時も作品を通してたくさん笑わせてくださって、感謝しています。

さくらももこ先生のご冥福をお祈りいたします。

 

  1.