キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

コンサルタントに返金を求める内容証明を送りたい!相手の住所を調べる方法

スポンサーリンク

 

私の場合は本人との直接交渉(メッセージのやりとり)で返金してもらえましたが、断られたときは相手に内容証明を送るつもりでいました。
住所も確認済みでした。
質問もきていましたので、相手の住所がわかった方法を書いていきます。

 

特定商取引法に基づく表記ページを見つけた

私の場合は実に簡単で、相手がWordPressサイトを持っていたんです。
そこに住所が載っていました。

ネットで商品やサービスを販売するとき、販売する側が表記していないといけないのが販売者情報ページです。

販売者情報として

本名
住所
電話番号

などが記載されています。

 

住所が記載されているページの見つけ方

たいていそのサイトのヘッダー部分にあるかと思います。
(ヘッダーとは、ずーっと画面をスクロールしていってもうこれ以上下にいけない、という部分のこと)

そこに

お問合わせ
特定商取引法
プライバシーポリシー

のような感じで並んでいます。

 

わかりづらい場所にある場合もある

すぐに見つけられる場合もあれば、わざとなのかなかなかたどり着けない場合もあります。
通常のヘッダー部分に出ていなかったらメルマガ登録画面をチェックしてみてください。
そちらのヘッダー部分にのみ載せている方もいらっしゃいます。

すべての人が表記しているわけではないけど

そもそも住所を表記していない方もいますから、残念ながら確実に住所がわかる方法ではないかもしれません。
でも、どなたかの参考になれば嬉しいです。