キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

コラム|親勉の創始者、Kさんと私のコンサルタント

スポンサーリンク

キラ子さんは親勉という協会ビジネスを成功させているKさんに憧れていました。

今回はキラ子さんと親勉の創始者Kさんの出会いについて。

関連記事:親勉の闇






Kさんに会いたい!

キラ子さんのメルマガを読んでいたら、Kさんの話題になったことがあります。

「今一番会ってみたいのは親勉の創始者のKさんです」

すごく褒めちぎっていました。


すると、後日メルマガに「Kさんと会えることになりました!引き寄せました!」と興奮した様子で書かれていました。

私は以前からKさんのことは気になっていたので、ちょっと真相に近づけるかも?と妙にドキドキしたのを覚えています。



Kさんの生徒になったキラ子さん

Facebookの投稿か、メルマガか、それともメンバーの交流用Facebookグループのどこで読んだのか忘れてしまいましたが、いつの間にかキラ子さんはKさんの生徒になっていました。

「月収100万以上の人が入れるんですよ、スカウトされました!」と、キラ子さんは喜んでいたけれど...。

純粋な出会いじゃないんだ、と私は衝撃でした。




メンバーサイトにKさんの教材が入る

一応キラ子さんはメンバーサイト(こちらも中身スカスカでした)を持っていたのですが、ここが急に更新されました。

でもなんだか文章がおかしいのです。

こちらに語りかけるように書かれたその文章...名前のところは「◯◯」となっているし、何よりやたらと「親勉」、「K」、「親勉インストラクター」なんて文字が入っています。

Kさんの教材でした

どうみても、「親勉インストラクターに向けて書かれた文章」なので、私はKさんが作った文章だなとわかりました。

「メルマガ大学◯日目」というタイトルで全10回ほど続いた記事は、「とにかくFacebookでお友達を増やしましょう!」みたいな内容で「だから親勉の人からやたらと友達申請がくるのだな」と納得しました。

のちにfacebookグループかなにかで「あなたたちのために高額な教材を買いました」と発言していて、この「メルマガ大学」がそれだと思います。
(そして私はこの物言いにイラッとしました)


お金は下から上へ行く

この2人を見ていたらどんどん下から上へ、お金は吸い上げられていくものなんだな、と思いました。

本人が「これは金額の価値があった!」と感じているならいいのかもしれませんが...。

キラ子さんもまた、この異常なコンサルタント業界では「搾取される側」だったのです。