キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

担当弁護士への問い合わせ〈3通目〉

スポンサーリンク

 
 
 
 
 
 

担当弁護士への問い合わせ〈3通目〉

私から担当弁護士へ送った最後のメッセージです。
一部内容を伏せて掲載します。
 
 

1.ブログを知った経緯について

 
「知人経由で」とのことですが、その知人は
 
「文章を読んで、ブログに出てくる人物が通知人と気づいたのか」
「私が書いているから、ブログにでてくる人物が通知人と気づいたのか」
 
どちらなのかが知りたいです。
また、もし文章だけで気づいたのならどんな表現で気づいたのかを知りたいのですが、確認することはできますか?
 
 
 

2.今後のブログ運営について

(2-1)今後は読者の体験談をブログに書く予定ですが、その際ブログに「ちなみに 私は半年間で50万円の契約でした。この世界ではこれくらいが相場のようです」のような一言を入れるのは大丈夫でしょうか。
 
(2-2)「第三者に通知人とわからないように…」とのことですが、例えば上記の「私は半年間で50万円の契約でした」というのは第三者が読んでもこの一文だけでは通知人に結びつくものではありません。
しかし少なくともX(通知人に私のブログを知らせた人物)は既に通知人のことを書いていると気づいているので、どのように配慮して書いても「半年間で50万円の契約=通知人のこと」と気づいてしまうと思うのですが、これは問題になるのでしょうか。
 
(2-3)今のブログを辞めて、全く新しいブログを立ち上げ第三者に絶対に気づかれないよう通知人 とのエピソードを書いた場合は名誉棄損にならないのか。(そのような予定はないですが、念のために聞いています)
 
(2-4)「名誉棄損とは事実であっても、書かれた人物の社会的評価を落とすもの…」とありますが、「マルチをしている」ということも社会的評価を落とすものに該当するのでしょうか。(マルチは厳密には違法ではないことは知っています。通知人がマルチを行っていることは事実です)
 

3.△△さんと通知人との連携について

(3-1)私と△△さん(担当弁護士)とのこのやりとりは、すべて通知人に知られてしまうのでしょうか。
 
(3-2)私が「ここの部分は通知人に知らせないでください」とお願いすれば、そのようにしていただけるのでしょうか 。
 
 

4.証拠について

(4-1)私と通知人のチャットワークでのやりとりのキャプチャ
(4-2)他のコンサル生と通知人とのチャットワークでのやりとりキャプチャ
(4-3)他のコンサル生と通知人とのやりとりキャプチャ
(4-4)他のコンサル生が私に語った、通知人とのエピソード
(4-5)他のコンサル生が消費生活センターに送った経緯文
(4-6)通知人とやりとりをしている音声
 
この中で証拠としての役割を果たすものがあれば教えてください。
 
 
 

5.前回の回答について


当該発言があり、かつ、〇〇氏が〇〇〇〇…としても、直ちに詐欺にはあたりません。
150kmのボールを投げれない監督がピッチャーに指導する場合と一緒です。
 
とありましたが、その監督の年齢などを考えて、明らかに150kmのボールが投げられないとわかっている場合と、現在150kmのボールを投げていると思わせるような情報を与えていた場合とでは状況が違うと思います。
 
〈以下コンサルタントとのエピソードが入るので、伏せます〉
 
>「詐欺」とは、相手を錯誤に陥ら せるために欺罔行為を働き、その結果、錯誤状態になった相手から金銭等を受領することをいいます。
 
これは消極的欺罔(真実を告げないこと)に当たらないのでしょうか。私は通知人が〇〇〇〇…と知っていれば絶対に契約しませんでした。
 
 

今後ブログ運営を行う上での質問を繰り返す

 
エピソードを削除してでもこのブログは絶対に続けたかったんですよね。
 
なので今後書く予定のことを想像し、「こういう状況だとどうなるのだろう」と考えつく限りのパターンを想像し、ひっかかりがあったことを質問しました。
 
「穏便に解決したい」とか言っておきながらこれだけの質問するのはどうかな~と思うこともありましたが、せっかくだから疑問点をぶつけてみようとそこそこ長文なメールを送っていました。
 
また後日理由を書きますが、このメッセージで担当弁護士への問い合わせを最後にすることにしました。
 
 
 
この記事の続き>>>担当弁護士からの回答〈3通目〉