キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

担当弁護士への問い合わせ〈1通目〉

スポンサーリンク

 

 

弁護士からの内容証明の通知文と私の住所がわかった理由の続きです。

 

 

 

通知を受け取り、疑問点について質問しました。

どなたかの参考になるよう、一部伏せつつ情報をシェアします。

コンサルタントのことは「通知人」と表現しています。

 

担当弁護士への問い合わせ内容

届いたその日に送ったメッセージです。

だいぶ頭に血が上っていたときの文章だったので誤字なども多く、このブログでは読みやすく書き直しています。

 

わたしの疑問その1

ブログは通知人とわからないよう配慮し運営しています。

はじめはイニシャルをとって「〇」としていましたが、2名から「〇とは△△さんのことか」と問い合わせがあったので「■」と記載を変えています。

 

どの記事のどの内容が「これは〇〇さんのことを書いているブログだ」とわかるのでしょうか。

すぐに直すので該当箇所をすべて教えてください。

 

わたしの疑問その2

「詐欺」「悪徳コンサルタント」がなぜ事実と異なるのでしょうか。

 

わたしの疑問その3

イニシャルのみで個人名を出していなくても名誉棄損にあたるのでしょうか。

 

わたしの疑問その4

「通知人の業務を妨害している」となぜ言えるのでしょうか。

個人名は一切だしていないので、例えば〇〇氏と契約を結ぼうか悩んでいる人が「〇〇 口コミ」と検索してもこのブログにはたどり着きません。

 

また、このブログは1日の訪問者数が100名~200名程度で、「キラキラ起業女子」を冷ややかにみている、いわゆる「ネットウォッチャー」ばかりなので彼女のクライアントターゲットとは合わないです。

 

わたしの疑問その5

「貴殿の業務妨害によって被った被害の損害賠償請求を検討」とありますが、どのように算出するのでしょうか。

 

 

メールでのやりとりにした理由

もともと電話はあまり好きではないというのもあるのですが、電話だと「言った・言わない」になる場合もあるからです。

 

また、話の内容を考えると専門用語もでてくるでしょうし、後からでも読み返せる&記録に残るメールでやりとりをすることにしました。

 

届いた通知文にはFAX番号と電話番号しか書いていなかったのですが、1度だけ電話をしたときにメールでやりとりしたい旨を伝え、そのようになりました。

 

 

 

 この記事の続き>>>担当弁護士からの回答〈1通目〉

 

 

 

関連記事>>>ブログトラブル「ある日突然弁護士事務所からブログ削除を求める内容証明が送られてきました」まとめ

 

 

しおから

✉️しおからへのお問い合わせはこちら
📘このブログの目次はこちら

 

はじめての方へ
このブログをはじめた経緯と一部記事を非公開にした理由