キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

「CLASSY10月号よみました」と、ブログにコメントいただきました。

スポンサーリンク

 

ひさしぶりにブログにコメントいただきました。

www.siokara.work

 

 

しおからさんのツイッターをみて、思わずコンビニで立ち読みしてしまいました。 すごい量の広告、さらっと眺めるだけでも大変でした。 これは鬼営業でないと集められない量(笑) この量のページ、普通の読者の方がしっかり読むとは思えないし、お問合せがくるとも思えないですね~。 こんな広告でお金を集めないと雑誌としてやっていけないくらいになってきたんでしょうか。

 

読んでいただきありがとうございます。(?)

すごい量でしたよね。

 

 

今日、コンビニ寄ったのでさらっとまた読んでみたんですよ。


ページ数が書かれている部分が

〈PR〉

になってましたね。

 

正真正銘広告記事なのですが・・・

 

 

 

あたかも取材を受けたのように思わせる書き方、読んだ人に錯覚させるような書き方をする人が嫌いです。

 

だってその先には高額商品が待っているから。

 

 

 

こういうふうに持ち上げたり「わたしってすごいでしょ!?」的な雰囲気、苦手です。

 

ブランディングの一環なのでしょうが、あんまり自分を大きくみせるのはいかがなものかと思います。

徹底して「すごいすごい!」と思わせていて、契約してみて本性がわかったときの絶望感はすごいです。

 

バブルが弾けるように、ぱちんと消えてなくなっちゃいますよ。