キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

読者さんからのコメント〜数時間の講座を受けただけで先生と・・・〜

スポンサーリンク

 

こんにちは。

コメントやいろいろなメッセージをいただいてます。

なかなかお返事できずにすみません・・・

 

ちょっと気になるコメントいただきましたので、ご紹介します。

 

f:id:urakonsaru:20180919132411p:plain

 

 

読者さんからのコメント

こんにちは!

記事と関係ないコメントですみません。

私も昨年、コンサルではありませんが、それなりの金額を払いある起業女子の方のサービスを一時期利用していました。

 

受講後、徐々に思うところが出てきて、いろいろ情報収集しているうちに、こちらのブログに辿り着きました。

しおからさんも大変な思いをされたのだと思います。

 

ちなみに最初その方は個人でされていましたが、やがて協会化して認定講師制度を作り、その頃から違和感を覚えるようになりました。

 

正直こちらは数時間の講座を受けただけで先生と呼ばれるような方にお金を払って教わりたいわけではないのですが…

 

Facebookでも他の起業家の方含め、個人でされていた方が協会化→認定講師制度・起業塾開催、という流れが結構あるようで、見ていてうんざりです。

 

また最近Facebookライブなど動画のコンテンツも増えている印象で、ネット上の投稿と動画でのギャップもあったりして、SNSの投稿や写真はかなり作られたものだと感じることが多いです。

 

見る側はそこに騙されず本質を見抜けるようにならないといけないな、と思いました。

 

協会化と認定講師制度

私もこの流れはとても多いと感じています。

トラブルに発展している場合もありますよね。

 

とある有名起業塾に入った方のお話を聞いたことがあります。

 

「急に認定講師制度ができた。認定講師に合格(お金を払って資格を取得した?)したコンサル生が、急に自分のコンサルをしはじめた。私は別の人にコンサルをお願いするために起業塾に入ったのに!」

 

あきれますよね。

お怒り、ごもっともだと思います・・・。

 

たった数時間の講義で認定講師になって、どんなことを教えるのでしょうね。

 

最終目標は協会化?

眺めているとコンサル業をやっている方の最終目標は協会化なのかな?と感じます。

個人的に協会化でうまくいっているようにみえるのは、「やわからセールス」の松尾さんかなーと思います。

 

 

私は彼女のサービスを利用していないので、「良い・悪い」の意見はここでは出しません。

 

ただ、「やわらかセールスの認定書がもらえました!」みたいなfacebook投稿を見ると、微妙な気持ちになります。

 

その認定書をもらったからといって、セールスがうまくいくかといったらそれは別物だけど、ちゃんとわかってるのかな?と。

 

ちなみにこの方もCLASSYに掲載されてましたよ。

 

 

1ページまるまる使った広告でしたから、100万円ですね。

彼女は寄付を募ったりせず、ぽーんと出したのではないでしょうか。

 

 

協会化すると得られる物

全部がそうではないと思いますが、協会を作ると何割かお金が入ってきます。

親勉は4割、講座を開いたら協会に納めるというしくみのようです。

 

「自分の協会を作るためのセミナー」なんてのもあるようです。

 

 

別に協会を作るのは個人の自由でしょうが、いろいろなことを見たり聞いたりしているとうんざりしてくるのもすごくわかります。

 

 

 

私の体験談

 

予定記事がぞくぞくと増えています。

見出しだけでものぞいて行ってください。