キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

名ばかりの個別コンサルでした。一番がっかりした私の体験談

スポンサーリンク

しばらくAの周りのお話が続いていたので、今回はまた私の体験談を。

(しょっちゅう思っていましたが、)「個別コンサルってなんなんだろうか?」と思った出来事です。




私の体験談〜新商品を作ったときの出来事〜

詳細は伏せますが私はささやかな商品を持っていて、(コンサルなどではない)「新商品が作れないものか?」と常々考えていました。

商品をリピートしてもらうのが一番いいのですが、その時考えていたのは「まとめ買い商品」の開発でした。

その頃は起業女子がターゲットだったので、起業女子の必需品と私の商品を掛け合わせたものでうまいこと商品ができそうだったので、Aに連絡しました。


やっぱり返事は一言だったけれど

Aに連絡したところで「どうせ一言で感想終わるんだろうな」と思っていたので予想通り「素晴らしいです!」の一言で返ってきたときは特になんとも思いませんでした。

というか「どっちなんだろう?」ってのは思っていましたね。

どっちというのは

1.興味がない
2.本当に素晴らしい

っていう感じで、どっちなんだろう?って思ってました。


全く関係のない方からのご指摘

よし、この計画で進めていこうと売り出し方など研究していた私ですが、青ざめる出来事がありました。

なんとその商品には重大な欠陥があったのです。

Facebookで仲良くなった方との会話の中で発覚しました。

発表前で本当によかった...。



欠陥があったことを告げた時のAの反応

私が十分な確認をしていなかった、その非は認めます。

が、コンサルタントという立場を抜きにしてもAは状況的に気づいてもいい立場にいましたので、ずいぶんがっかりしたのを覚えています。

そしてその欠点があったことをAに告げると...


「そうだ、そうだ、そうでした」(原文そのまま)
と、返ってきました。


このとき前述の「どっちなんだろう?」は解決したわけです。

つまり私の考えが「素晴らしいもの」だったわけではなく、Aにとって「興味ないもの」だったってことです。


名ばかりの個別コンサルだなぁ

この出来事で、より「個別コンサルタントってなんなんだろうか?」と思うようになりました。

ちょっとの疑問、違和感、不満...小さいものから大きなものまで、こうしてどんどん蓄積されていったのです。


しおから



「キラキラ起業女子研究所」の更新状況をお知らせしています

Facebookページ
Twitter