キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

キラキラ起業女子の周りの人々〜ヒカリさん〜

スポンサーリンク

Aはコミュニティを作っており、その繋がりで数人とメッセージのやりとりやzoomで顔を合わせていました。

今日はそのうちのお一人、ヒカリさん(仮名)のお話です。


ヒカリさんも勉強会の繋がりでした

Aは自分の作ったコミュニティにとても自信があったようですが、私から見るとずいぶん活気がないコミュニティでした。

メンバー同士の関わりもだいぶ希薄に感じました。

ヒカリさんもそんなよくわからないメンバーの1人でしたが、勉強会の予約をいただきお話することになりました。


ヒカリさんは優秀な営業マン

スミレさん(仮名)とは違い、ヒカリさんはAのことは一言も悪く言いませんでした。





ヒカリさんは自分の住んでいる地域にAのセミナーを誘致。アフィリエイト報酬を受け取っている方でした。



12月の時点で50万円は受け取っていたようです(これはAから直接聞きました)




垣間見えた周りの人たちのAへの不満

ただ、会話の中でヒカリさんに近しいメンバーでAに対する不満を持っている人がいるんだろうな、というのは伝わってきました。

「わからないことがあるなら、ここではなくて直接Aさんに聞きな、と言っている」


「せっかくアフィリエイトがあるんだから、セミナーのとき友達を連れてくるとか、行動しなきゃ」

ヒカリさんはそんなメンバーに対してちょっと不服そうでした。


グループに招待されました

勉強会終了後、Aのコミュニティから派生した「グループ」のメッセンジャーグループに招待されました。

ここはAのコミュニティの非公開Facebookグループよりは活発に活動していて、それなりにメンバー同士の絆もあり、「ああ、こういう人たちもいるのだな」とホッとした記憶があります。

ただ、会話を遡っていくとAへ不満を持っているメンバーが数人いることがわかりました。


このことはその後の私の返金に向けての行動に繋がっていきます。