キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

「コンサルスタートします」コンサルタントから一番最初に送られてきたもの

スポンサーリンク


今日はAのコンサルタントが始まってすぐに感じた違和感のお話です。




2017年8月半ばに、決済が完了しました。
「契約は9月からだけど、もうコンサルスタートできますがどうしますか?」とメッセージが来たのでお願いすることに。


コンサル前の私のワクワク感

5,000人もコンサルしてきた人で、たくさん実績をだしてきた人のコンサルかぁ〜...!(と、この時は思ってました)


自己投資に1,000万円も使ったって書いてあったなぁ
じゃあ1,000万円分の情報を教えてもらえるのね...!


Aさんのメンター(ビジネスの師匠)は半年150万円の契約って言ってたから、その情報も入ってくるのね...!



セールスページやその他諸々の情報から、「じっくり今までの経験をヒアリングで掘り下げてくれて、そこから私だけのオリジナルビジネスを一緒に作ってくれるのだ」と思っていた当時のワクワクしていた私をブン殴りたい。


個別コンサルの実態

コンサル始めます!と言ったAから送られてきたのは「コンセプトメイキングシート」と呼ばれるデータ。

ワードに質問がズラッと並んでいます。


あなたの商品は?
たった1人の理想のお客様は?
そのお客様の悩みは?
そのお客様が叶えたい未来は?


...みたいな質問がズラーっと。

そして「ワクワクしながら書いてくださいね!」というメッセージが一言添えられているだけでした。

書き方の説明など一切なし。


コンサルタントに期待していたこと

なんでこれに面喰らったかというと、こんな風に考えてたからです。

コンサルタントとはヒアリングしながら、自分では気づけない私だけの強みを発掘して、商品の販売の仕方を提案してくれるもの。

想像とだいぶ違う内容に、私は困惑したのでした。

それから、その直前のやりとりがものすごく懇切丁寧だったんですよ。
決済のやり方だったんですけどね...

まさにこれぞ「手取り足取り教える」だな、というくらい、しょっちゅう連絡がきたし、つまづいてるところではいろいろアドバイスされましたし...

だからコンサルも、こんな感じで進むのかなと思ってしまいました。



ちなみに、こう思っていたのは私だけではありません。

入金までは手取り足取り、入金後は塩対応...

多くの人たちがコンサルの対応と、コンセプトメイキングシートに苦悩していた...と後になってわかりました。



しおから