キラキラ起業女子研究所

キラキラ起業女子研究所

コンサルタントから50万円返してもらいました。

キラキラ起業女子に騙された!その時家族が取るべきたった1つの行動

スポンサーリンク

人って誰でも本気の失敗話って、隠したくなるものですよね。

特に詐欺になると、被害者にも関わらず責められてしまうということもありますので、ますます口を閉ざしがちです。

ある経験を通して思った、家族に望むたった1つのことについて記事にしました。



「騙された!」その時家族の反応は...

全てに決着がついた1週間後くらいに、「気をつけてね!」の意味も込めて&なんだかハイになっていた勢いで家族に告白しました。

夫以外は皆遠方に暮らしているので、1人1人電話やLINEで伝えました。

ほんの5分くらい話しただけで


夫「うわー、詐欺!」
母「詐欺だな」
妹「すぐわかる。詐欺」
弟「腐ってるな」


それぞれこんな反応...


ほんとね。客観的にみるとすぐわかるんですよね。


キラキラ起業女子とは?

私の言う「キラキラ起業女子」とは中身のない薄っぺらなことしか教えられない人たちのことを言います。

生息地は主にアメブロとFacebook。

通常のマーケティングを学んだ人にとっては信じられないでしょうが、無料ツールのFacebookとアメブロをメインにして集客活動をしています。

露出をすればするほど何回も見られ、親しみが増すんだそうですよ。



被害にあった家族を責めてはいけない

「悪いことをした人が悪い」

まぁこれは紛れもない事実なのですが、被害者を責めてしまう時ってありませんか?

特に詐欺事件ともなると「こんなにニュースで騒がれてるのに、騙されるほうが悪い」みたいな風潮がありますよね。

(性犯罪も「露出多かったんじゃない?」「相手が勘違いするようなことをしてたんじゃない?」など何故か被害者が悪く言われたり...)

家族だからこそ条件反射的に責めてしまうのかもしれませんが、どうか責めないでください。

被害者はじゅうぶん自分を責めた後で、家族に告白しているのです。


詐欺被害者のその後、悲しい選択

被害にあった後は悔しさ、悲しさ、怒り、情けなさ...たくさんの感情に支配されます。

そのダメージは相当なもの。

そこに追い打ちをかけるように家族からの叱責。

中には人間不信に陥ったり、自ら死を選ぶ人もいます。


家族が被害に合ったら

どうか第一声で叱る前に、ぐっと堪えて家族の言葉に耳を傾けてください。

当然のことながら、好き好んでトラブルに巻き込まれたわけではないのです。

心配かけまいと普通な態度を心がけているかもしれませんが、心はズタズタです。

注意するのならどうか全てが片付いて、家族も落ち着いた頃に伝えてください。

はじめは一緒に相手に対して怒ってくれるだけでも、安心するものなのです。



しおから

✉️しおからへのお問い合わせはこちら
📘このブログの目次はこちら

はじめての方へ
🖥このブログをはじめた経緯と一部記事を非公開にした理由